スタッフ紹介

院長:村山 俊介

院長:村山 俊介

出身
千葉県流山市
生年月日
1975/9/17

私が気功にこだわる理由

私が気功にこだわる理由

当院が整体に用いる技術は気功です。

なぜ、もっと一般の人に受け入れやすい整体法、たとえば指圧・マッサージや、骨格矯正・カイロプラクティックなどではなく、気功にこだわるのか。それには、私なりの理由があります。

それは一言でいえば、千人のお客様がいれば、千通りの治し方が必要だからなのです。

一人としてまったく同じ体の人間はおりません。それと同じで、腰痛は腰痛でも、それが発症した経緯は人それぞれ、大なり小なり異なるものです。どのような生活状況、心理的背景から腰痛が起こったのか、それは似てるようでいて、皆ちがうのです

このような違いを無視して、誰でも一律に同じ方法で治そうとすれば、うまく治らない人が出てくるのは当たり前です。

一方、気功を用いれば、自ずから、そのような型にはまったやり方ができなくなります。そもそも、一人一人のお客様が持っている「気」が異なるからです。

また、気功法は治し方の決まった型がありません。だから、まず目の前のお客様を見て、そのお体に合わせたアプローチ法を決めるしかないのです。

このように、絶対的にお客様が優先である治療法になるよう、宿命づけられているのが気功法による整体です。気功法を用いる限り、ごまかしはききません。

だから私は、気功法が大変気に入っています。そして、このような方法を使っている者の責任として、一般的な整体法では良くならない人たちのための、最後の砦となることが、当院の使命であると肝に銘じて、日々施術に当たらせていただいております。

人に真心が伝わる整体を。

人に真心が伝わる整体を。

ここでひとつ、お客様にはご興味のないことかもしれませんが、私自身の本心にあるものをお伝えしておきたいと思います。
このこともまた、私が気功にこだわる大きな理由なのです。

 

 

私は、自分自身がが10年以上にわたり、腰痛に悩んできたために整体をはじめました。どうやったら腰痛を治せるのだろう、という学問的な探求心が主な動機でした。だからそのころは、技術こそが大事、と考えて研鑽に邁進しておりました。その末に気功を取り入れることを決意しました。

 

しかしあるとき振り返ると、実は私が整体という仕事に強い執着をもっているのには、単に治し方を知りたいというだけではない。もっと別の、もっと大きな理由があることに気付いたのです。

 

それは、整体というものを通じて、無意識の交流が行われること。体の微細な感覚を通じて、真心が通じる瞬間があるということ。このことに、何か確信めいたものというか、憧れのようなものがあるからだったのです。

 

それを実現する上で、気功という方法は最もかなっている。だから、いつの間にか無意識のうちに私は気功という方法に惹かれていったのだと、今となっては思うのです。

気功を用いるということは、身体に起こる物理的現象を媒介としつつも、実質的には、物質現象から離れ、無意識といったものに近い次元で、お客様に触れることになります。(もちろん、お客様の側にはそのような意識はないと思いますが・・・。)このことが、気功整体が、時に異常に心地良く感じられる理由なのです。

そして、施術を重ねていった末に、お体の症状の改善と相まって、ついにはそれが、お客様の意識の上にも通じるほどの強烈な真心として通り抜ける瞬間があれば、私はそのお客様に対してすべての望みを達成したといえるでしょう。

 

私はこの望みを達成するため、日々、私自身の在り方、院内の在り方を反省し、あらゆる側面からお客様に真心を届ける努力を怠らないことを、ここにお約束いたします。