下高井戸で改善率98.7%の実績を持つメディアも注目の整体

ちゅうしん整体院


坐骨神経痛で5分も座っていられなくなってしまったお客様の施術例

当店では、筋肉の教育3回+骨格のバランスを整える整体3回⇒合計6回の整体をワンクールとすることで、個人差や当たりはずれのない成果を出しています。結果的に6回を待たずして、早期に回復する方も多いですが、それは個人差に依存するのであてにしないことをおすすめします。この記事でご紹介するのは、20代、大学4年生で剣道部を引退した学生さんです。卒論を書かなくてはいけないのに、急な坐骨神経痛で5分たりとも、じっとすわっていられなくなってしまったというケースです。

_SAA4062_R.jpg


どうやって坐骨神経痛がはじまったのか

剣道部の活動は引退し、卒論制作にはげんでいらしたのですが、やはり体がなまってくるということで、剣道部の仲間とトレーニングを再開したのだそうです。その最中に、腰にちょっとした違和感があったらしいのですが、その日は特に何事もなく終わり、翌朝から・・・気づいたらおしりからももにかけて、激しい痛みを感じるようになっていたのです。


一番つらくなる、姿勢や動きは

冒頭にも書いたように、この症状によって、1分と座っていられなくなってしまいました。じーっとしている間に、痛みが増してきてしまい、じっとしていられないのですね。検査してみると、腰の前屈もできなくなってしましたが、これはお尻やももうらに痛みが出ている方にとっては、痛い筋肉にストレッチがかかってしまうので、辛いのは当然のことなのです。

この方の場合には、歩いていたり、何かと体を動かしているほうがまだ、症状がやわらぎ、気にならなくなるという状態でした。じーっと一定の姿勢で座っているのが辛い場合には、このようなケースが多いです。参考までに、坐骨神経痛を次の3つのパターンに分けてみるといいでしょう。

  1. 座っていると1分と立たずに痛くて、座っていられなくなる(この学生さんの例もこれに該当します)。この場合、歩いているほうがかえって気がまぎれます。
  2. 立っているのが痛いため、思わず腰を曲げてしまう。この場合、歩くのもかなりつらく、びっこを引くようになります。
  3. じーっと立っていると、じんわりとしびれてくる。この場合、歩いているほうがかえって気がまぎれます。

私の経験上ではのケースが、一番すんなり良くなってくれます。ほとんどの方が6回の間に良くなって生活に支障がなくなります。2、3のケースは多少てこずります。それでも6~12回の間にお体が楽になり始めます。


一回目の施術からいきなり変化が・・・

このお客様の場合は、まだ若い学生さんだということもありますが、回復が非常に早く、1回目の施術を受けた直後から、まず朝起きたとのお辛さが減ったようです。長時間座っていられるようになったのは、2回目の施術の後あたりからだったでしょうか。もうこの時点で、座っていられるようになったので、「日常生活が普通に送れるようになった」と大喜びでした。

このような症状をお持ちの方が、回復後によく漏らす感想が、「今痛いのももちろん辛いんだけれど、将来、これがずーっと治らないんじゃないか、さらにひどくなるんじゃないかと、今よりもむしろ将来が不安でした」とおっしゃる方のほうが多いです。それもそのはず、坐骨神経痛という症状は、整体師から見れば当たり前のようにある症状ですが、普通に生活している人にとっては無縁なまま過ごされている方が多いですから、いざ自分がなってみると、「なんなんだこの痛みは?」と、経験のない痛みに非常に不安を感じるのですね。未知のものは、未知であるがゆえに不安を感じるというのが人間の性質ですからね。


その後三回目以降はどうなっていったか

三回目以降も順調に推移していき、何事もなく残っていた違和感も取れていきました。四回目の施術が終わった直後に、これまで受けていただいた感想をインタビューで答えていただきました。ご興味のある方はご覧ください。

 


 

上の動画で話していただいている内容

  • 痛みの出始めたきっかけは、部活を引退した後に、久しぶりに筋トレをやってみたことであった。3日後くらいから、ふくらはぎに痛みが出るようになった。
     
  • 生活するうえで辛かったのは、痛みのために5分と座っていられなかったこと、寝返りを打つのが痛くて夜目が覚めてしまうことなどであった。
  • 当店に来る前は、接骨院でハリやもみほぐしを試してみた。ハリは、終わった翌日に余計に痛くなった。もみほぐしは多少効果があり、5分から10分くらいに座れる時間が伸びた。
  • 当店の施術は一回目から変化を感じた。しかし、あまりにも短時間で終わってしまい、受けている間はこれで大丈夫かな?と不安だった。
  • 一回目の施術が終わって家に帰ってからは、また痛みが戻ってきたが、先生に説明されていた通りだったので、そのまま信じて通院した。
  • 施術の最中に「それで大丈夫だよ」とか「もうちょっと行ってみよう」とか、先生が動き方を指示してくれるので、安心して受けることができた。
  • 今は、違和感は残っているものの、普通に座っていることができるし、夜目が覚めるような痛みもなく、日常生活が問題なく遅れているのがすごくうれしい!


それでも長引くケースもあります


このお客様の場合は、スムーズに一回目から症状が回復していき、受けているご本人も安心して通院できました。しかし、筋肉に根深い癖をもっている場合には、ご本人が「楽になってきた」と安心できるまでに、6回程度の回数を要するケースもあります。その違いは一体なんでしょうか?それは一言でいえば「筋肉の悪い癖が抜けにくい」ということなのですが、この筋肉の癖のことを当店では「体のバランスが悪い」と言い換えることも多いです。

このような癖が抜けにくくなってしまう一番の大きな理由は、過去に、痛みを我慢し続けてきた期間が長かったということです。長ければ長いほど、その痛みを感じずに済むように、体は余計におかしな態勢でバランスをとってしまいます。それは、見た目にはわかりにくかったりします。明らかに腰が曲がっているというケースばかりではなく、見た目は普通の姿勢なのに、体内では筋肉の引っ張り合いが、おかしな状態になってしまっているということです。こうすることによって、痛みを生み出す原因となる筋肉の動きを止めてしまうのですね。いろいろな動作をする際に、いかに特定の筋肉を動かさないで済むか、ということを追及してしまうのです。

ところが、本当に体が良くなるためには、この「動かさないで済ませてしまってきた筋肉」が、動けるようにならなければならないのです。その際には、残念ながら、一度は動かすことによる痛みを乗り越えなければなりません。当店の施術では珍しく、施術を終えた後のほうが、痛みが強まったりするのはこのケースなのです。はじめのうちは、この特定の「動かなくなってしまった筋肉」を動かすのに痛みを伴います。しかし、さらにその筋肉が動けるようになってくると、今度は痛みが減少し始めるのです。ここまでいかないと、ただ痛みをごまかしているだけで、本当に治したことにはならないので、放っておけばいずれ悪化してしまいます。だから、この過程は怖がらずに乗り越えてほしいのです。

といっても、もとから痛い状態でご来店になるので、ほとんどの方があきらめずに乗り越えてくれています。次はあなたの番ですね。将来に痛みがぶり返す不安を残さないように、しっかりと筋肉が動けるようにして改善していきましょう。痛みをごまかすやり方はお勧めできません。なぜなら、その後5年後、10年後に、もっとしつこい症状となって再発する可能性が高いからです。多少の回数がかかったとしても、5年後10年後のためにはごまかして痛みを和らげるのではなく、きちんと筋肉の働きを正常化することで痛みを取り除いていくことを、是非是非、お勧めいたします(^^)/

_SAA4297_R.jpg

ちゅうしん整体院のご案内

住      所:
〒156-0043
東京都世田谷区松原3丁目28-6
オークビル2F
アクセス:
京王線、東急世田谷線
「下高井戸駅」から徒歩20秒!
お問い合わせ・ご予約
03-6265-7410
営業時間:
土曜・平日 朝10時~夜21時
日曜・祝日 朝10時~午後15時
定休日:
水曜定休(日・祝は不定休)

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ